夜とは違った

キャバクラと言えば夜に営業しているイメージが強いのが一般ですが、あえて昼に営業時間を設けている店舗もあります。
昼に営業しているキャバクラは略して「昼キャバ」と呼ばれます。昼キャバのサービス内容自体は、夜キャバとそれほど変わりません。
ただ、営業時間が変わることにより、夜キャバとは違った楽しみ方をすることが昼キャバでは可能となっています。

昼キャバと夜キャバで異なる点はさまざまあります。特に大きな違いとして挙げられるのが、客層、働く女性従業員、料金などです。
営業時間が変わることで必然的に、そこに集まる客層や働く女性従業員も変化します。
昼であることから、客層は朝方まで仕事をしている人や、水商売をしている同業者が多いようです。
従業員の女性も、主婦やシングルマザー、昼にしか働くことのできない学生など、夜キャバとは一味違った印象となります。
料金も夜より安価である場合がほとんどです。よって、昼キャバは夜キャバよりもカジュアル志向が強く、誰もが気軽に立ち寄りやすい店舗形態だと言えます。
夜キャバの雰囲気に苦手意識を持っていたとしても、昼キャバであれば楽しむことができる人もいるのです。
そのため、夜とは違った魅力を味わえる昼キャバは多くのユーザーの支持を集めています。

イチ押しリンク

夜のキャバクラも楽しいですが梅田の昼キャバを楽しむならコチラのサイトがオススメです。色々なタイプの女性が在籍しています。

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Categories
    Search
    Archives